社会福祉法人 鳥取いのちの電話

いのちの電話とは

いのちの電話とは

 動きの激しい現代社会には、困難な問題を抱えて誰にも話すことが出来ず、孤独と絶望の中で、精神的危機に直面して助けを求めている人がいます。

 「いのちの電話」は訓練を受けたボランティアが、その一人ひとりと、「電話」を通してその人たちの良き相談相手になっていこうとする、市民のボランティア活動です。

 「いのちの電話」は、1953年ロンドンで生まれ、今日、世界的な国際組織のもとに50数カ国、数百都市に設立されています。
 日本では、1971年10月東京いのちの電話が開局し、現在、各都市51ヶ所で約7,000人のボランティア相談員が、活動を続けています。

鳥取いのちの電話

 鳥取いのちの電話は、1995年10月開局し、2004年10月に社会福祉法人として認可を受けています。
 日曜日・祭日を含む365日電話をお受けしていますが、現在、相談受付は正午より午後9時までです。
 ほかに毎月10日のフリーダイヤルがあります。

 「いのちの電話」について詳しいことがお知りになりたい方は、お問合せください。

お問合せ先

社会福祉法人 鳥取いのちの電話事務局
〒680-8691 鳥取中央郵便局私書箱7号
TEL・FAX 0857-29-6556(平日)月~金 12時~16時

電話相談活動報告

鳥取センター開局からの受信件数

鳥取センター開局からの受信件数(グラフ)

情報と広報誌

自殺予防

 全国の自死者数は、1998年に3万人を超え、2003年には統計を取り始めた1978年以降で最多の3万4,427人となりました。その後、3万2千人から3万3千人台で推移した後、2010年以降は10年連続の減少となっているものの、依然として多くの方が亡くなっています。(警察庁統計)
 自死の予防と防止、その家族の支援の充実を目的として、2006年に「自殺対策基本法」が制定、2017年には「自殺総合対策大綱」が閣議決定され、誰も自死に追い込まれることのない社会の実現を目指し、関係機関が連携をしながら自死対策に一層取り組んでいます。
※鳥取県では、法令等の用語を引用する場合を除き、「自死」と表現しています。

<鳥取県の現状>

 県の自死者数は、2008年の212人をピークに、2017年は100人、2018年及び2019年は80人と減少傾向にあります。また、県の自殺死亡率(人口10万対)は、全国の自殺死亡率と比較して、高めで推移していましたが、2014年以降は下回っています。(警察庁統計)

<鳥取県の取組>

 県では、2018年4月に「みんなで支え合う自死対策プログラム(鳥取県自死対策計画)」を策定し、関係機関と連携しながら自死対策を進めており、毎年開催している「心といのちを守る県民運動」では、自死対策施策や自死対策計画の進捗状況について、検討を行っています。
 その他にも、ゲートキーパー養成研修、「眠れてますか?」睡眠キャンペーン、自死遺族の集いなどの事業を実施しています。また、我が国における若い世代の自死が深刻な状況であることから、LINEを活用した「とっとりSNS相談」も実施しています。
 県では、「誰もが自死に追い込まれることのない鳥取県」を目指して、引き続き自死予防に取り組んでいきます。

広報誌

 鳥取いのちの電話では、広報誌「鳥取いのちの電話通信」を年2回発行しています。
 電話相談活動に関する記事、賛助会員・寄付者の氏名等を掲載しています。

活動報告

トップページ | 鳥取いのちの電話とは | 電話相談 | 相談員募集 | ご支援ください | リンク集 | お問い合わせ